医療用かつらのアプラン
メニュー 医療用かつら 抗がん剤治療 商品一覧ヘアカタログ ご購入方法 お手入れ方法 利用者の声

抗がん剤治療と脱毛について

がんの治療には、いくつかの方法があります。

・ 外科的な治療
・ 放射線治療
・ 薬物治療

状況に応じ、これらを組合わせた治療も行われます。薬物治療のうちホルモン療法、抗がん剤投与に副作用が見られることがあります。
抗がん剤はがん細胞を、縮小、または死滅させますが、逆に正常細胞にも影響を及ぼし、吐き気、脱毛、白血球減少などの副作用を起こすこともあります。
脱毛を起こしやすい抗がん剤は数種ありますが、治療開始後2〜3週間程度で脱毛が始まることが多いようです。髪の毛だけではなく、眉毛、まつ毛、体毛まで抜けることもあります。
これらに有効な予防手段はありませんが、治療が終わると髪は生えてきます 。
事前に主治医の先生からどのような副作用が、いつ頃から現れるのかをしっかりと確認しておきましょう。

抗がん剤治療とかつらについて

抗がん剤治療の副作用として脱毛が始まる場合、かつらで治療期間に対応していただくことになります。早めのご準備で、余裕を持って治療をお受けいただくことができます。

また、かつら以外にもキャップやバンダナなどを大いに利用して、治療中のストレスを軽減していただきたいと思います。おしゃれな帽子に付け毛などを組合わせることで、ちょっとした外出や突然の来客にもOK。強い味方になってくれます。

抗がん剤治療中のかつらのご利用は、心と体の負担を軽くするために、ぜひご用意いただきたいアイテムです。

フッター